スタッフからのメッセージ

ハムリーを目指すあなたへスタッフからのメッセージ


スタッフ写真


氏名R.S
所属部署動物技術研究所
担当職務動物飼育管理、生体材料採取
入社日2019年4月
出身学部専門学校 国際海洋 飼育学科
趣味音楽鑑賞・山登り

R.Sさんのある1日

06:30起床
08:10出勤
08:30始業、朝礼、メール確認
08:45動物飼育管理、生体材料採取
12:00昼食
13:00動物飼育管理
15:00データ管理、翌日の準備
18:00メール確認、退社
19:00帰宅
24:00就寝

Q1. 現在、どのような仕事をされているのでしょうか?

A1. 主に各種動物の飼育管理、施設の衛生管理、生体材料の採取を行っております。また、国外の繁殖施設から輸入したサル類の検疫も実施しています。     

Q2. 苦労していること、失敗談などお聞かせ下さい。

A2. 毎日100匹以上の動物を管理するため、個体ごとの特徴や性格、癖などを見定めることや、小さな異常や変化に気付くことに苦労しました。また、ケアレスミスが大きな問題につながるため、常に確認を心掛けて業務に取り組んでいます。

Q3. 担当されている職務でどのような能力が必要とされますか?

A3. 現場での業務のほかデータ整理や翌日の準備など幅広い業務があるため、確認、報告などの連携ができるコミュニケーション能力が必要です。また、効率よく業務を進めるために、先を見据えて仕事を行うことも重要です。

Q4. 職場の雰囲気はどんな感じですか?

A4. 先輩・上司と業務にあたる時間が多く、質問・相談もしやすい環境のため、不安がなく働きやすい職場です。

Q5. 就職希望の皆さんへのメッセージ

A5. マウス・ラットをはじめ、ウサギ、イヌ、サル類など様々な動物種を扱うことができるため、自分自身のスキルアップにつながります。たくさんの動物と関わる仕事に興味があるという方は是非お問い合わせください。




スタッフ写真
氏名K.W
所属部署受託事業部 湘南事業所
担当職務動物飼育管理(マウス・ラット)
入社日2018年4月
出身学部専門学校 動物管理専門課程 動物看護科
趣味散歩

K.  Wさんのある1日

05:30起床
08:00始業、ミーティング
08:10飼育管理
11:30昼食
12:30飼育管理
16:45終業、退社
18:00帰宅
23:00就寝

Q1. 現在、どのような仕事をされているのでしょうか?

A1. 主に飼育管理(マウス・ラット)をしています。動物の観察を行い、環境を整えてストレスを極力与えないように管理します。また、クリーンな環境を保つために飼育内外の衛生管理も行います。「管理」ということもあり、それらを記録することも仕事の一つです。

Q2. 苦労していること、失敗談などお聞かせ下さい。

A2. 扱う動物が小さく、数も多いため一個体の小さな変化に気づくことに苦労しました。その点、観察力も身に付くので今後の仕事上活かすことができます。また、飼育エリアによって異なる「SOP(標準作業手順書)」の内容量が多く、覚えることにも苦労しました。

Q3. 担当されている職務でどのような能力が必要とされますか?

A3. 数人がチームとして1日業務を行うため、お互いの報告や確認をし合う必要があります。時にお客様である実験者の方々ともお話しする場面もあるので、コニュミケーション能力は第一と言っていい程に重要で必要だと考えます。また、Q1・Q2にもありますが、動物に対する観察力も必要です。

Q4. 職場の雰囲気はどんな感じですか?

A4. 湘南事業所は3つの棟にグループが分担されており、居室もそれぞれ異なってはいますが、基本的にはどの居室にも明るい人が多いので昼休憩中はアットホームで和やかな空気が漂っています。

Q5. 就職希望の皆さんへのメッセージ

A5. 湘南事業所は始業時間が早い分、終業時間も早いため、早く帰宅して休むことも可能ですし、最寄りの駅などで好きなお店を見つけてゆっくりご飯を食べて帰ることも仕事終わりの1つの楽しみになると思います。職場では話しやすい人も沢山おりますから、もし興味がありましたら是非一緒にお仕事をして沢山お話しましょう!




スタッフ写真
氏名T.I
所属部署葛西事業所
担当職務

小動物実験支援業務

入社日2020年4月
出身学部私立大学 応用生命科学部 動物科学科
趣味読書・写真撮影

T.Iさんのある1日

05:00起床
08:20出勤
08:45始業、実験支援業務開始
11:40昼食
12:40実験支援業務、試験前準備
15:30試験廃棄物などの片付け
16:30ミーティング
17:30メール確認、退社
19:40帰宅
23:30就寝

Q1. 現在、どのような仕事をされているのでしょうか?

A1. 私の所属するグループは薬物動態試験を担当しております。実験者さんからの依頼に基づいて化合物を投与し、各ポイントでの生材料採取を行います。

Q2. 苦労していること、失敗談などお聞かせ下さい。

A2. 私がハムリーに入社したのは、コロナ禍で多くの企業が在宅勤務や時差出勤を取り入れ始めた時期でした。そのため例年行われていた研修が変更になり、企業特有の文化や専門用語が十分に理解できず、先輩社員に尋ねるタイミングに気を使いました。また、仕事の優先順位や段取りも学生のときと異なることが多かったため、慣れるのに苦労しました。

Q3. 担当されている職務でどのような能力が必要とされますか?

A3. 実験動物に関する知識をあらかじめ持っていると、作業の流れなどが理解しやすいかと思います。しかし就職して初めて実験に携わったという方も多いので、分からないことを周りに相談できるコミュニケーション能力が一番必要になるのではないかと考えます。

Q4. 職場の雰囲気はどんな感じですか?

A4. 生き物を取り扱う業務のため神経を使う緊張した雰囲気はありますが、一方でルーチンワークのときは手を動かしながら業務外の話ができる職場です。試験の内容にもよりますが、必要なときに有給休暇をとりやすい環境だと思います。

Q5. 就職希望の皆さんへのメッセージ

A5. 実際の試験に関わっているからこそ、新薬開発における前臨床試験の大切さを強く実感することができます。受託試験に限らず、弊社の仕事内容に少しでも興味をお持ちでしたらぜひお問い合わせください。